Unihertz Atom

Takami Torao #Unihertz #Atom
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

概要

Uniherts Atom は小型軽量で防水、防塵に対応したいわゆるタフネス携帯。

サイズ 96×45×18mm, 108g
OS Android 8.1
本体 Octa Core CPU, 4GB RAM, 64GB ROM, 2000mAh バッテリー, 240×432 pixel
バンド GSM 2/3/5/8, WCDMA 1/2/4/5/8, TDSCDMA 34/39, FDD-LTE 1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/25/26/28A/28B, TDD-LTE 34/38/39/40/41, CDMA2000 BC0/BC1
I/F USB Type-C, 802.11 a/b/g/n 2.4GHz/5GHz WiFi Direct, WiFi Hotspot, Bluetooth 4.2, FM ラジオ, 3.5mm ジャック

海外 SIM の追加

Atom は DSDV (Dual-SIM, Dual-VoLTE) に対応しており 2 つの 4G 回線を切り替えて通信したり同時に待ち受けを行うことができる。つまり通話用とデータ通信用に別の SIM を使ったり、海外で使用する SIM と日本で使用する SIM の両方を挿したままにすることができる。

以下は香港でデータ通信を利用するために中国聯通香港のプリペイド SIM を追加した手順。

  1. 電源を OFF にしピンを差し込んでトレーを取り出す (安全ピン等で代用可能)。
  2. 台紙から nano SIM のサイズで切り離して SIM スロット 2 に配置し差し込む。
  3. 電源を ON にし SIM スロット 2 で認識していることを確認。優先 SIM を docomo にしておけば日本にいる間は docomo 回線を使用する。
  4. プリペイド SIM の設定方法を参照して APN を設定する。
  5. 現地でデータローミングを ON にする。

多数の国に対応したプリペイド SIM を使用する場合、目的の国以外で挿すと最初に対応電波をとらえた国向けに初期設定されてしまい目的の国で使用できないことがあるため、使用する国に入ってから挿したほうが良い (日本で利用できなくても乗り換えの空港の国向けに初期化されてしまう可能性がある)。プリペイド SIM は日本で買うより現地空港などにあるショップで買ったほうがも安く済む上、SIM 交換と設定、通信の確認まで行ってくれるので余裕ができたらチャレンジしてみると良いのではないだろうか。

テザリング

Atom はテザリングにも対応していて携帯ゲーム機などのモバイル Wi-Fi ルーターとしても使用することができる。[ネットワークとインターネット]-[アクセスポイントとテザリング]-[Wi-Fiアクセスポイント] から設定が可能。

ただし、Atom の 2.5GHz AP は日本の機器が対応していない電波を使用しているため、2.5GHz 帯を使う設定だと外部機器がアクセスポイントとして検出することができない。必ず Wi-Fi アクセスポイントの設定で 5GHz を選択しなければならない。