Security

Takami Torao
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セキュリティに関するあれこれ。

Public Key Infrastructure

暗号化と証明

ハッシュ関数

2019年2月4日(Mon)

共通鍵暗号

2008年3月22日(Sat)

電子署名

電子署名 (digital signature) は文書に対する承認と、文書内容の保障を電子的に付け加えるための技術。公開鍵を使用することにより他人によって行われた署名でない事、署名された時点から文書内容に変更がない事の 2 点を証明することができる。…

2008年3月21日(Fri)

秘密分散

秘密分散 (secret sharing) または秘密分散共有は秘密情報 \(S\) を \(n\) 個の分散情報に符号化する暗号化アルゴリズムの一種。特に (k,n) しきい値法では \(n\) 個の分散情報のうち任意の \(k\) 個が揃えば元の秘密情報 \(S\) を再構築することができる (\(k\) 個に満たない場合は再構築することができない)。…

2017年12月28日(Thu)

メッセージ認証コード

メッセージ認証コード (MAC; message authentication code) はメッセージが発行者によって発行されてから破損や改ざんを受けていないことを検証するために使用する小さなデータ。…

2019年3月17日(Sun) Java 11

Verifiable Random Function

VRF (verifiable random function) は公開鍵ペアを使用する暗号学的ハッシュ関数である。VRF 関数は秘密鍵を使ってある入力値に対するハッシュ値を算出することができる。…

2019年9月1日(Sun)

鍵共有アルゴリズム

暗号技術における鍵共有 (key exchange) とは、共通の秘匿情報を持たない当事者間で公にされている情報のみを用いて、すべての当事者サイドで通信内容を保護するための共通の鍵を生成する方法。…

2019年9月17日(Tue)

公開鍵

ペアリング

論文翻訳

論文翻訳: Short Signatures from the Weil Pairing

Gap Diffie-Hellman 群でのヴェイユペアリングを使用することで、一般的な RSA や DSA での署名と比べて同じ強度で短い署名を生成する方法を示す 2001 年の論文。

2019年9月15日(Sun) 2001年の論文

論文翻訳: Aggregate and Verifiably Encrypted Signatures from Bilinear Maps

GAP Diffie-Hellman と双線形写像を使用して BLS 署名派生スキーム、集約署名、ブラインド署名、リング署名を紹介する 2003 年の論文。集約署名は異なるユーザによる異なるメッセージに対する署名を単一の署名に集約する

2019年10月8日(Tue) 2003年の論文 作業中

論文翻訳: Compact Multi-Signatures for Smaller Blockchains

マルチ署名、公開鍵集約を使用してブロックチェーンサイズを小さくするための 2018 年の論文。

2019年10月15日(Tue) 2018年の論文

論文翻訳: Practical Threshold Signatures

RSA に基づく非インタラクティブな署名分散の方法についての 1999 年の論文。

2019年9月4日(Wed) 2000年の論文

論文翻訳: Threshold Signatures, Multisignatures and Blind Signatures Based on the Gap-Diffie-Hellman-Group Signature Scheme

(8) の Gap Diffie-Hellman 群を 1) BLS 署名を秘密分散のスキームに拡張したしきい値署名、2) 複数の署名分散から一つの署名を作成するマルチ署名、3) メッセージを秘匿するブラインド署名のそれぞれに応用した 2002 年の論文。…

2019年9月8日(Sun) 2002年の論文

論文翻訳: Verifiable Random Functions

2019年9月2日(Mon) 1999年の論文 作業中

翻訳: Verifiable Random Functions (VRFs)

Verifiable Random Functions (VRF) は公開鍵をキーとする暗号化ハッシュのバージョンである。秘密鍵の所有者のみがハッシュを算出できるが、公開鍵を持つ人であれば誰でもハッシュの正当性を検証できる。…

2019年5月29日(Wed) 2019年 IETF Draft 4 作業中