Java™

Takami Torao
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

並列化

Java Management Extension

Java Scripting API

Graphical User Interface

Java GUI

現在 Java で利用されている主な GUI (Graphical User Interface) ライブラリは AWT、Swing、SWT の 3 つです。ただし AWT のみによる GUI アプリケーション開発は既にほとんど行われておりません。…

2008年3月22日 Java 6

Abstract Window Toolkit

AWT (Abstract Window Toolkit) は初期の Java で標準として用意されていた GUI ライブラリです。それまでプラットフォームごとに使い方が異なっていたウィジェット (GUI コンポーネント) を抽象化し、Java から統一した標準 API として使用できるようにしています。…

2008年3月15日 Java 6

Swing

Swing はプラットフォーム依存のウィジェットに頼らず、全てのコンポーネント描画と状態の管理を Java で実装した GUI ライブラリです。元々 AWT の機能の薄さを補うために Sun が Netscape 社 (当時) と共同で開発した Java Foundation Class (JFC) という GUI ライブラリが J2SE 1.2 から標準となりました。…

2008年3月19日 Java 6

Standard Widget Toolkit

SWT (Standard Widget Toolkit) は IBM が Eclipse 用に開発した GUI ライブラリです。JNI を使用することで昔の Swing で問題となっていたグラフィック描画のボトルネックを回避し、当時の Swing ベースのアプリケーションと比較して格段の速さを誇っていました。…

2008年3月22日 Java 6

SWT レイアウトマネージャ

SWT は AWT とは別に専用のレイアウトマネージャを用意していますが、機能や役割は AWT のそれと同じです。

2008年3月22日 Java 6

システムトレイ

Java SE 6 からシステムトレイ (タスクトレイ) が利用できるようになりました。メール着信のお知らせツール (biff) やウィンドウレスで常駐するアプリケーションで便利な機能です。…

2008年3月15日 Java 6

Image I/O, Java Advanced Imaging

資料